SNSで危険を回避する方法

ツイッターやフェイスブック、などのSNSは利用している人もたくさんいます。いろいろな人と交流ができ、知り合いも増えて、楽しく利用する分にはとても便利なSNS。しかし、しっかりとした自覚を持って使わないと、危険な目に遭うこともあります。SNSを利用してその人の住所や行動なども知ることができるので、ストーカーなどにつけねらわれないようにしたいものです。

SNSを利用している際に忘れてはいけないのが、自分の友達だけに情報がいくのではない、ということです。自分の気に入ったお店や、デートスポットなど、友達に教えてあげたいいと、フェイスブックに投稿すれば、その情報は友達だけではなくその友達も見ることが可能です。そういったつながりがあり、自分の知らない人から連絡がきたりするのです。知らない人に自分の情報を教える、というのはとても怖いことでもあります。自分の写真や、住所、勤務先など、特定されやすい情報はなるべく載せない方がいいかもしれません。情報を発信するSNSを使う際には、そういった点に注意して使うようにしましょう。